ミニバンへ払う金額を考える

車を選ぶとき、あなたは一体何を重視しているだろうか。特に新車の場合は高価で、長い付き合いになることが殆どだろう。今回は各メーカーが販売台数を 伸ばしている「ミニバン」について考えてみる。 ミニバンと言えば、取り回しやすいボディサイズかつ多人数が乗れて荷物もたくさん積める。つまり、外観に似つかわしくない室内空間の再現が試される クルマでもある。一応、トヨタ アルファード/ヴェルファイアやニッサン エルグランド、かつてホンダから販売されていたエリシオンなどの大型ワゴンも 「ミニバン」にカテゴライズされる。そんな大型ミニバンのサスペンション構造に異変が起きている。特にアルファード/ヴェルファイアは最初から「車軸 懸架(トーションビーム)式」を採用し、エルグランドも従来の「独立懸架(マルチリンク)式」から車軸懸架に変更された。その経緯はこうだろう。 「コストカット」「顧客は足回りまで気にしない」「貨物車の延長上だから簡素なもので十分だ」こういった考えがなければ採用されないはずである。 もちろん、荷室を広く取れるというミニバンにとって凄く大きなメリットがあるが、ミニバンだからこそサスペンションを拘るべきではないか。ユーザー側も もっとクルマのメカニズムを学習し、正しいお金を使い方をするべきである。

カテゴリー
オススメリンク

大型車の合宿をしたいなら:免許Z
自動車で保険を比較するなら|自動車保険の選び方
車の査定なら;車査定情報サイト
バイクの査定はこちら/バイク査定ドットコム

私にとっての車の魅力

私にとっての車の魅力は、行動範囲が広くなるといったことや便利に移動ができるといったことの他に、自分専用の空間ができるといったことが挙げられます。家では自分専用の空間といったものはなく兄弟同じ部屋なので、なかなか自分好みの空間というのが作れません。その代わり車の中を自分好みの空間に作り上げています。 例えばシートのカバーやクッションをそろえて自分なりに車内をオシャレにしてみたり、携帯電話ホルダーなどをつけてみたり、その他こまごまといろいろ使い勝手のいいように工夫しています。 また私は車専用の芳香剤の匂いがあまり好きではないため、輸入雑貨のお店で見つけた香りつきの石鹸やポプリを置いて、芳香剤代わりにしています。 そんな風に車内を自分好みにしてあるので、車に乗ると凄く落ち着きます。そして自分だけのプライベート空間なので、車を運転しているだけでも楽しくなってきます。あまり雑多に着飾ると車内はごちゃごちゃしてしまうので、控えめにしたいなと気をつけてはいるのですが、どうしても様々なものを持ち込んでしまう私です。 そういったことで私にとって車とは、ただの移動手段のための乗り物ではなく、もはや小さな部屋といった感じです。

ランボルギーニのウルス。

みなさん。
つ、ついにランボルギーニからsuvが発売されます。
やばくないですか?
ウルスって、いうんですけどそれがめちゃくちゃくちゃかっこいいんですよね。
Read more

ガソリンが高すぎる件

ここ数年でガソリンって本当に高くなりましたよね。
通勤距離が長い人では、月に燃料費だけで2万近く捻出している
人も多いのでは、ないでしょうか。

実は、私もその一人… Read more

ガソリンを満タンにしておきたい

車のガソリンをいつ入れるか、これは人によって違うと思うのですが、一般的に残量が30%~20%になってから入れる人が多いように思います。

私は毎週金曜日の夕方に入れます。残量が80%の時で… Read more